代表より皆様へ


鹿内 憲一
鹿内農園5代目

私は、りんご農家の長男として生まれ、小さい頃からりんご園で働く両親の姿を見て育ちました。
高校卒業後は東京の印刷会社で働いていましたが、4年目の春、働き手であった祖母が亡くなり、人手不足になり、私が跡を継ぐ決心をしました。
やるからにはりんご作りを極めようと思い、専門の学校に入学しりんご栽培の基礎を学びました。
就農してからも青森県が主催するさまざまな研修に参加し、りんご栽培に関する貴重な体験をさせて頂きました。

ある時、毎年開催される地元のりんご即売会に出展していると、年配の女性がやってきて
去年あんたから買ったこのりんご、おいしかったからまた買いに来たよ!
と言ってくれて感動しました。
それ以来『もっとたくさんの人に新鮮で美味しい本物のりんごを味わってもらいたい』と思うようになりました。

今は、祖父、両親、妻、子供2人の家族7人が一つ屋根の下で暮らし、みんなで協力し合いながらりんご作りに励んでいます。


あなたは、新鮮なりんごを食べたことがありますか?

恐らく無いと思います。
なぜなら、新鮮なりんごを食べられるのは、りんご農家の親戚ぐらいです。
ほとんどのりんごは、流通の段階で卸売業者をたくさん経由するため、一番美味しいときを保存だけに費やされることになります。
比較的長持ちする果物ですが、ようやく小売店に並ぶころには味は確実に落ちています…。


でも、ご安心ください。
私たち鹿内農園が無駄な流通を一切省き、直接あなたのお宅まで【新鮮なりんご】をお届けいたします。

鹿内農園 代表 鹿内憲一

旬のもぎたて直送はこちらから
↓ ↓ ↓